山崎歯科医院 新潟市 中央区 歯医者 歯科【虫歯・無痛治療】

虫歯・無痛治療

怖くない・痛みの少ない虫歯治療。

徹底した無痛治療

      痛みが怖くて通院をためらっている方のために。     

虫歯とは、口腔内で細菌が作り出した酸などにより再石灰化が追いつかず、歯が溶かされ、穴があいてしまう病気の事で、感染症の一つとされています。初期段階では痛みを感じないため、自覚症状がないまま進行してしまうのが特徴です。
一度虫歯になると自然には治らず、放っておくとどんどん悪化し、歯を多く削ることになってしまいます。
虫歯が大きくなると歯の神経を取らなければならなくなることや、場合によっては歯を抜かなければならなくなることもあります。早めに治療すれば、削る部分が少なくてすみます。
どのような病気も、早期に発見し治療することが良い結果につながります。
初期のうちに診察を受けることをお勧めします。


虫歯の進行は肉眼ではわかりずらく、表面が少し黒い状態でも深く進行していたりします。
そして、虫歯治療は、歯の虫歯に感染した部分のみを削る治療が一般的で、健康な部分まで削らないことが重要です。

 

患者の皆様が、歯科治療に抵抗を感じないよう「痛みの少ない治療」に取り組んでおります。
患者様は必ず歯科医院に不安を持って来院されると思います。少しでも不安を解消できるように、麻酔の方法を工夫しています。

歯の仕組み

            C2:象牙質の虫歯           

虫歯 C2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

       C3:神経まで達した虫歯      

虫歯 C3

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

         C1:エナメル質の虫歯         

虫歯 C1

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

       C4:歯根まで達した虫歯          

虫歯 C4

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。